トヨタのヴィッツには魅力のある特徴が多々あり

車を買い替えるときは、ディーラー

車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。

最近はネットで複数の買取店に査定依頼できるので、1社による下取りではなく競合見積りにすれば、高値も期待できるのではないでしょうか。

手間かかるのはいやだなと思う気持ちも多少はあるかもしれませんが、車のコンディションや年式によっては買取業者のほうが利益が出る場合があります。
私は二度目の買い替えのときは、買取業者にも見積りをお願いしてみたのですが、買取店のほうが高かったのです。あの下取り価格を提示したディーラーさん、ある意味ツワモノだと思いました。現金で即日で払ってくれるというので、その週のうちに契約を済ませ、ひとつ上のグレードの車を買えたのは嬉しかったです。さすがにその時は、知らないと損をしているなあと思いました。


中古車を買う時に気になるのは、年式はもちろんのこと、走行距離ということになりますよね。一般的に言って中古車の走行距離とは、年間で1万km程度と考えられます。
そのため、10年間乗って10万km走行くらいが一般的な中古車の走行距離ということになります。業者を利用して車を売却するとき一番たいへんなのは査定までというのをご存知でしょうか。

査定金額に満足したら、売主がすることはほとんどありません。

名前の知れた業者の営業マンなら今後の手続きや必要書類について事前に説明しますし、こちらがするのは書類を揃えることだけで、あとの手続きは業者のほうで済ませてくれます。



必要なのは、実印、印鑑証明、車検証、自賠責保険証、自動車税の納税証明書(最新のもの)です。結婚して姓が変わっていたり引越しで住所が違うと戸籍謄本や住民票などが必要になります。それから、車のキーも用意しておいてください。
買取代金は現金払いのこともありますが、振込にしている会社も多いので、振込先の口座も用意しておけば万全です。