車を購入する時にはディーラーに車を下取り

車を業者に買い取ってもらうときは、年式と走行距離で

車を業者に買い取ってもらうときは、年式と走行距離で値付けが大幅に変わってきます。1年1万キロというのを聞いたことがないでしょうか。


2年なら2万キロ、10年10万キロ。
それを超えると査定額は少なくなります。走行距離だけに限って言えば、短ければ短いほど標準の査定額よりアップします。しかしこれが10万超だとマイナス査定というより、見た目が良くても、値段がつけにくい車となります。

また、車種や用途によってもいくらか幅があり、こればかりはプロの手に委ねるしかないでしょう。車の買い換えをする時に、人それぞれやり方はあると思いますが私自身は、安易にディーラーでの下取りを選ばず、中古車買取の専門業者に頼むようにしています。

PCやスマホを使って、インターネット上の一括査定サイトに行きます。
そこで、そこで車種などの売りたい車の情報や、個人のいくつかの情報を書きこんで登録をすると、業者の方から電話かあるいはメールで連絡がきます。
通常四社か五社くらいから反応があるようです。電話がきたらそこで、どのくらいの値段で車が売れるか尋ねます。そのようにして大体の値段の目安を知り、良さげな会社を三つほどリストアップしまして、他はもう、電話でキャンセルしてしまいます。
車を売る際に、車検切れの場合にどうするのか迷うことがあります。ちょっとでも高く車を売りたいなら、先に車検に出した方が良いのではないかと考えるかもしれません。

しかし、それは間違いなのです。



たとえ車検に出しても、それに見合うほどの買取金額や査定額の上乗せは期待できないのです。

車検が切れたままで査定を受けた方が総合的に得なのです。