車を手放す時の方法としては、ディーラー下

事故車など曰くのある車の場合は売っていい

事故車など曰くのある車の場合は売っていいものかどうか少し戸惑うこともあるかと思います。買い換えるのが新車だと決定していれば新車購入時にディーラーに下取りの相談を行うのが、スムーズに行えると思います。車の買取業者へ依頼する際には一般の買取と同様に買取値に多少の差が出る理由は、年式や走行距離、部品状況などによるものです。ポイントは現行の型かどうか、また部品が全て純正かどうかで、もしそうだった場合には割合高値で買い取られることが多いです。詐欺まがいの悪質な業者には注意しましょう。



比較的高めの査定金額で客を釣って契約を結ばせ、あれこれと理由を付けて当初の金額よりも大幅に減額して買い取ろうとしてきます。



そんな金額では買取には出せないと言うと、車は既に手元にないと言って、運送や保管の費用だなどと言って支払いを要求してくる手口もあるようです。

業者が車を引き取ったあとで買取のお金が支払われないというケースもあります。
中古車の査定、売却の時に必要と考えられるものを調べておきましょう。
売却したお金を振り込んでもらうための銀行口座と車検証と印鑑証明(2通必要・発行後1か月以内の物)などを準備しておきます。取扱説明書やスペアキーもあると査定金額が上がることもありますので、ちゃんと用意しましょう。