手持ちの車を売りに出したいと思い付いたときに最良の方法

事故車などのようにいわゆる「訳あり」

事故車などのようにいわゆる「訳あり」の車を買取に出していいものかどうか思案することもあるでしょう。「次は新車にしよう」と計画しているのならば新しい車を購入するとき、同時にディーラーに下取りしてもらうのが、一番確かでしょう。


持ち込み先が車買取業者であった場合には普通の買取と共通で、年式であったり、走行距離であったり、部品状況であったりで価格が決まってきます。現在も取り扱われている型で、部品もすべて純正品ならばおそらく高く売れるでしょう。
車の評価を受けるときにはメーカー以外の部品を付けている車はなぜか価値が下がってしまうので純正の部品に戻すようにしてください。

ただし、正しいパーツに戻すのに工事の費用がかかるときは、上乗せ額よりも工事費のほうが高くなるとなってしまうことも多いため元に戻さずに、そのまま出しちゃったほうがよろしいかと思います。

中古車を買う場合は、事故車を買わないように留意した方がいいと思います。
いくら修理済みとはいっても、事故車は安全性に問題がある場合もあります。


しかし、知らない人が事故車だと判断することは難しいため、信用できる中古車販売店で買ってください。