「契約書」に書かれている内容を充分に理解して契約す

ディーラーで中古車を買取、下取りし

ディーラーで中古車を買取、下取りしてもらう時には実に、たくさんの書類が必要になってきますが、自動車納税証明書もその内の一つとなります。もし、納税証明書を失くした場合には、税事務所等で、再発行をしてもらうことになります。

自動車に関連した書類は、失くしてしまわない様にきちんと保管しておくことが大切です。

以前、インターネットの一括査定サイトを利用して、車の出張査定を受けました。無料出張査定ができる業者だったので、査定に手数料はかかりませんでした。

前に古い車を下取りに出したときには、査定料がかかった上、後から調べたところ、買取の方が高い価格だったので、今後も、古い車は買取店に売ることに決めました。


ネットのオークションにも関心がないではありませんが、ネットを通した車の個人売買はトラブルが多いということですし、トラブルに対処したこともないので、業者に買取を依頼した方が気が楽です。

車の買取をお願いしようとして詐欺の被害に遭うこともあるので注意しましょう。
高めの査定金額で安心させて、契約をさせておいて、なんだかんだとゴネて当初の提示額よりも大幅に低い額で買い取ろうとしてきます。

それなら当然、買取に出すのを止めようとすると、車は既に輸送済みだなどと言って、運送費用や保管費用などと言って支払いを求める手口も報告されています。

また、車の受け渡しを済ませたにも関わらず買取のお金が支払われないというケースもあります。