売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうことは、

車を買取の査定に出すときには、査定価格

車を買取の査定に出すときには、査定価格にリサイクル料や税金の残り分といった諸費用が含まれているのかを必ず確認しておくことをお勧めします。それ以外の注意点を挙げると、買取後に返金請求が発生しないことをくれぐれも確認してください。


業者の中でも悪い例になると、少しでも買取金額を低く抑えようと、査定の後で減点ポイントが判明したなどといって返金を要求してくるところもあるのです。

時に耳にするのは車の買い取りについてのトラブルです。「自分は大丈夫だ」と思っていませんか?そんなことはありません。これから車を売る予定のある人なら当の本人になる恐れはあります。

そんなリスクを回避するために、中古車買取業者だけは注意して、信用に値するか、あるいは実績があるか、それに、良い評価を得ているのか調べる必要がありますし、契約の際は、契約事項の確認を怠らないようにしましょう。Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問が結構多いです。
名義人が家族や知人である場合は、きちんとした手続きを踏む必要があります。



それには名義人の印鑑証明書と実印を捺印した譲渡証明書と委任状(「名義人」から「あなた」へとなっているもの)を用意すれば名義人以外の方でも売却できます。



譲渡証明書や売却証明書は業者がテンプレを持っていますが、ダウンロードもできます。


ときどきあることですが、名義が信販会社になっている車はそのままでは売却できません。
借入金を完済して名義を変更したのちに、査定・売却となります。